The Songbards「夏の重力」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > The Songbards > 夏の重力 歌詞

夏の重力 / The Songbards
amazon検索

「夏の重力」歌詞

歌手:The Songbards
作詞:上野皓平・松原有志
作曲:上野皓平・松原有志


消えてゆく夏の雲に ぶら下がった僕の影
忘れものは遠い空 どこまでも流れていた
追いかけて追いかけて 小さなその命すら
永遠に輝いて 無限の旅に誘うよ

手放せば消えてしまうから
閉じ込めて眺めていたのに

名前を呼ベばいつかは
また会えると思っていた
あの遠い夏の輝きに
重なり合った記憶の隅に吸い込まれ
そこにはもう僕らいなかったんだ

海風混ざるあの街 どこまでも歩いた道
裸足のままで駆け出して 砂粒に世界を見て
近づいては離れてゆく眩しい光に触れて
冷たくて驚いた 足跡を辿っていた

閉じ込めた景色に映った
少しずつ近づく光に 潜ろうと息を吸い込んだ

飛び出した景色に映った
照らされた心を見つけた
輝きはここにあったのに

泳いでゆけば いつかは
辿り着くと思っていた
あの遠い夏の輝きは
重なり合った記憶の波に飲み込まれ
ここにはもう僕らいなかったんだ

泳いでゆけば…


アルバム「SOLITUDE」収録曲


The Songbardsの歌詞ランキング

The Songbardsの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(23:24更新)

1 星風RYTHEM
2 エレクトロ・アース・トラックスKREVA
3 いちご完全犯罪METAMUSEMAPA
4 SubtitleOfficial髭男dism
5 Lose ControlKinKi Kids
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.