安藤裕子「曇りの空に君が消えた」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 安藤裕子 > 曇りの空に君が消えた

安藤裕子「曇りの空に君が消えた」のジャケット画像

曇りの空に君が消えた

歌手:安藤裕子
作詞:安藤裕子
作曲:Shigekuni

小さくて 散れ散れで もう形もない
涙の跡 ぐんぐん 蜃気楼になっていく
雲のように 膨らんだ 小さな涙は
君のようになってさ
僕を呼んでる気がして

「夢でなら会えない?」だなんて
バカだな
一度だけでも話をさせてよ
忘れるから

もう一度
時計の針を指で戻せば 君は僕の横で笑うの?
心の奥に君が刺さったままで
今もずっと抜けないよ

くるくると 君の影 漂い続ける
掴めないままで 僕の周りを舞う
透き通る 君が今 僕に抱きついた
からかってるのかい?
手の中は空の宇宙

「夢でだけ会えたら」だなんて
嘘だよ
一度だけでも抱きしめさせてよ
忘れないよ

例えば
時計の針が過去に戻って 君を攫ってきても
僕らが同じ未来を進むのならば
きっと意味なんてない 解るのに

開く窓から 雲が逃げていく 楽しそうに飛んで
僕に笑いかけて手を振るみたいに 空に消えてく

あと少し このままでいい?

時計の針を先に進めて 僕も追いつけたらいいのに
心の奥の君が笑ったままで
今もずっと動けない

アルバム「Barometz」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

安藤裕子の人気歌詞

安藤裕子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.