odol「小さなことをひとつ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > odol > 小さなことをひとつ

odol「小さなことをひとつ」のジャケット画像

小さなことをひとつ

歌手:odol
作詞:ミゾベリョウ
作曲:森山公稀

ちょうど今起きたから
どっか遠くの街へ
散歩してみてもいいかな

ゆうべ見た夢の中
どんな意味があるとか
そんな些細なことを言って

君の目が同じものを映すたび
大切なものが増えた気がした

楽しいことをひとつしようよ
君と手を取り合ったら
ふたつめはもう持てやしないよ
欲張らなくていいのさ
そんな日々を僕らはずっと守ろう
大切なものが増えていくだろう

きっとどこかの街に
僕と君と同じように
今日も笑っている人がいる

そんなことをほんの少し
想像してみるだけで
ふっと笑顔になっていくでしょう?

夕闇が君の影と混ざる頃
一日が終わることを思った
この日々が続くことを願った

優しいことをひとつしようよ
君の願う両手は
数えきれないほど
たくさんの誰かと繋がっている
そんな日々を僕らはずっと守ろう
大切なものが増えていくだろう
一日が終わるごとに思った

「radikoブランドムービー」オリジナルソング


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

odolの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.