teto「invisible」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > teto > invisible

teto「invisible」のジャケット画像

invisible

歌手:teto
作詞:小池貞利
作曲:小池貞利

涙が枯れる頃に
アスファルトも乾いて
街灯は瞬いている
点滅繰り返し
まるで俺の気分を
映し出している

身体は透き通って
誰にも気付かれず
どうやら俺は今
無意味で無価値でいるようだ
このまま此処に居た
証が無くなるというなら
その前にただひとつふたつみっつよっつ

焦がれる程に恋してみたい
溢れる程に愛してみたい
透明のままであれば叶うことはないのでしょう そうか

目の前で交わされた
愛の誓いを告ぐ花嫁の
傷ついた数を上回る
包み込む甘いキスを
佇んで眺めていた

夕暮れ過ぎた頃
少し着膨れた子どもが
自転車で俺をすり抜け
家で待つ母に愛に行く
このまま此処に居た
証が無くなるというなら
そのまえにただひとつふたつみっつよっつ

焦がれる程に恋してみたい
溢れる程に愛してみたい
透明のままであれば叶うことはないのでしょう そうか

日が出る前に
月が欠く前に
夢になる前に
お前を見つけに

焦がれる程に恋してみたい
溢れる程に愛してみたい
透明のままであれば叶うことはないのでしょう
誰からも相手にされずに
このまま消えてしまう前に
どこからか呼ばれた声が
微かに色づけてくれるのだろう
そうだろう
そうだろう

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

tetoの人気歌詞

tetoの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.