成世昌平「百日紅」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 成世昌平 > 百日紅

成世昌平「百日紅」のジャケット画像

百日紅

歌手:成世昌平
作詞:もず唱平
作曲:聖川湧

遠い遠い遠い日を
想いおこし泣いてる
好きだよと云えないで背を向けていたよ
「終りにしましょ
始まるものが何もないから」
そんな筈はないけれど
罪の重さ 深さに
頭(こうべ)垂れ 咲いていた百日紅
目に浮かぶ

今も今も今だって
忘れられず夢みる
ふるさとの駅頭でサヨナラを云った
「元気でいてね
たまには便り書いて下さい」
きっと出せと云いたげに
風に我が身揺らして
訴える八月の百日紅
目に浮かぶ

風に風に風に聴く
想い人の身の上
年嵩(かさ)を気にやんだあの人の噂
「ひとりで行って
私は嫁ぐ先があるから」
言葉信じ背を向けた
科(とが)のシッペ返しか
泣いている追憶の百日紅
目に浮かぶ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

成世昌平の人気歌詞

成世昌平の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.