Omoinotake「惑星」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Omoinotake > 惑星

Omoinotake「惑星」のジャケット画像

惑星

歌手:Omoinotake
作詞:福島智朗
作曲:藤井怜央

相変わらず僕は 人混みと揺れて
目の前の1日を こなすように生きてる
そっちはどうだい 辛い恋はしてないかい
痛い、でも甘いような思い出を想う

たまには寝坊もするけど 時間は守ってる
誰かを傷つけるような 嘘もやめたよ
「当たり前の人になって」最後の約束は
君がそばにいなきゃ 意味がないんだよ

部屋の隅で 飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつのまにか閉じてしまった
右耳のピアスホール
きっと二度と戻らない 僕らの引力

相変わらず君の 夢を見てしまう
そのまま覚めずに やり直せたら
こっちはどうも 上手くいかないことのほうが
多いけど なんとか呼吸を続けてる

今ごろ君は どんな人の隣で
どんな服を着て どんな歌に涙したりするの
当たり前のように君が 隣にいた日々の
重みにどうして 気づけなかったんだろう

部屋の隅で 飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつになっても 捨てることさえ
できないままいるんだ
きっと二度と戻れない

大雨のメリーゴーラウンド
ローカルシネマのレイトショー
始発帰りの朝焼け 深いアルコール
ぼやけたまま 二人裸でくるまった毛布
君となら なんだってよかったんだ

部屋の隅で 飛べずに佇んでるピアスは
惑星の形 並んで 浮かんでいたのに
いつのまにか くすんでしまった
磨いたって輝かない きっと二度と戻らない
きっと二度と戻らない 僕らの引力

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Omoinotakeの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.