春一番 歌詞 / yonige

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > yonige > 春一番

yonige「春一番」のジャケット画像

春一番

歌手:yonige
作詞:牛丸ありさ
作曲:牛丸ありさ

荒れている頬に春の兆しが見え隠れしてもどかしすぎる
夜の光がすべてあなたに集まったように美しい
あの日々も、もういないあの人も必ず
帰る場所があり、眠る場所があったのか

眠ればたまに会えるかわりに、顎の痛みに目が覚めてしまう
目が覚めたらば、あなたが遠く離れていくので
足りないこの日々も、聞こえないあの歌もいつか
忘れてしまうよ、忙しない時の中で
もういないあの人も、知らないあの人も必ず
思う過去があり、思う人がいるのか


アルバム「健全な社会」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

yonigeの人気ランキング

1 ワンルームあげっぱなしの便器がやけにリア
2 さよならプリズナーなんにもないなんにもないなんに
3 各駅停車各停しか止まらない駅の プラッ
4 バイ・マイ・サイバイ マイ サイ 笑ってていてよ
5 スラッカー同調に次ぐ同調で 脳汁垂れ流し
6 おうまさん暇な探偵ごっこ 得意気になって
7 沙希ヘッドライトの光 天井を泳いで
8 とけた、夏昨日つけた香水 朝 起きて匂って
9 また明日目に見えて落ちていった 彼らを
10 トーキョーサンセットクルーズトーキョーサンセットクルーズ
yonigeの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.