不確か 歌詞 / mei ehara

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > mei ehara > 不確か

mei ehara「不確か」のジャケット画像

不確か

歌手:mei ehara
作詞:mei ehara
作曲:mei ehara

幽霊 ほどけていたんだ
才能 わけている
彼は積み木を運んで
普通の子 笑っているんだ

どうして 光が頬をあたため
ふわりと撫でられ ひとりひとりに?

本当 誰かにとって
しんと震えている
ペンの先から滲んだ
染みは犬に変わって

どうして 走れば 全て逆さの
屑が散り舞い ここにあったの?
どうして 光が頬をあたため
ふわりと撫でられ ひとりひとりに?

幽霊 ほどけていたんだ
才能 わけている


アルバム「Ampersands」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

mei eharaの人気ランキング

1 昼間から夜NEW見慣れた表情 呼び合う名前 この
2 歌の中でNEW誰かが言った 歌の中で ああ 静
3 優しくNEWいつか無くなってしまう便りは
4 どちらにピントをNEW見失った 知らない場所の隅で 振
5 不確かNEW幽霊 ほどけていたんだ 才能 わ
6 ギャンブルNEW髪を結って 舞い降りた手で サイ
7 似合ってくるNEW肌色のままが歩いて行くほど似合
8 群れになってNEW軽やかな陽射したち重なって 差
9 最初の日はNEW穏やかに石を転がせど 当ても無
10 鉄の抜け殻NEWじとじとしている 身体の奥まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.