ゆうすげの花 歌詞 / 大月みやこ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 大月みやこ > ゆうすげの花

大月みやこ「ゆうすげの花」のジャケット画像

ゆうすげの花

歌手:大月みやこ
作詞:水木れいじ
作曲:大沢浄二

ゆうすげに ゆうすげに降る雨が
思い出させる ふたりの恋を
下駄で小走り 日暮れの路地で
濡れたこの肩 抱いた人…
ほんの始めは 雨宿りでも
いつか命を かけました

ゆうすげが ゆうすげが咲く宿で
しのび逢う日の 三日月哀し
ならぬ恋ほど 焦がれる胸を
知るや知らずや こぼれ酒…
すすり泣くよな 夜明けの風に
こころ乱れる 旅一夜

ゆうすげの ゆうすげの花言葉
忘れられずに 一生ひとり
女ごころを あなたに染めて
ひとり今夜も 雨に泣く…
これをみれんと 呼ぶのでしょうか
涙つづりの 片情け


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

大月みやこの人気ランキング

1 恋文の宿忘れたいのに あなた あなた や
2 氷雪の岬NEWどこに流れて ゆきますか 凍えて
3 月の海峡許してあげるわ 許してあげる な
4 女ひとりの日本海女がひとりで 旅することを あな
5 千年の花雪に抱かれて あなたを慕い 恋に
6 心の駅人眼(ひとめ) 人眼を忍ぶ 涙 涙
7 巡る愛生まれ変わってもあなたのことを
8 乱れ雪雪の花 こころの中へ つもる想い
9 ひとり語りの恋歌ひとり語りの 恋歌は 泣かせるギ
10 信じていますぷかりぷかりと いつもあなたが
大月みやこの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.