Aimer「marie」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Aimer > marie

marie / Aimer

「marie」歌詞

歌手:Aimer
作詞:aimerrhythm
作曲:横山裕章


毎夜 深紅の宴 泡沫に抱かれて
14の時にすぐに 迷子のまま

覚えのない言葉と偽りの首飾りすら
壁の画の誰かの悲しみを語り出す

奪われることを恐れて
与えられること忘れて
終わりを告げていく美しい日々
10月の雨に打たれて 目を閉じた その時に
何を手に入れるのだろう?
教えてよ Marie

毎夜 指輪(リング)の森で あの風に吹かれて
12の唄 紡いで 夢見ていた

縋る様に抱き合う 平然と狼狽ですら
壁の画のいつかの輝きを語り出す

麗しき天で結ばれ
この地上で引き裂かれて
光を消していく 愛おしい日々
飾られた椅子に 腰掛け 振り払うその腕に
何を手に入れるのだろう?
教えてよ Marie

繋ぐために捨ててきた 境界を越えて
脱ぎ捨て去った白いドレスは 今も泣いてるの?

奪われることを恐れて
与えられること忘れて
終わりを告げていく美しい日々
10月の雨に打たれて 目を閉じた その時に
何を手に入れるのだろう?
教えてよ Marie


「ハプスブルク展」イメージソング
アルバム「Walpurgis」収録曲


Aimerの歌詞ランキング

Aimerの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.