清春「凌辱」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 清春 > 凌辱

凌辱 / 清春

「凌辱」歌詞

歌手:清春
作詞:清春
作曲:清春


此れは避けて通ってた想い
誰か僕を、心を叩いている

着せ替えて身体
過去捨てたね
汚れを忘れたら溺れるよ 表裏、愛撫、記憶

悔いて
「何処か消えてしまいたい」
愛しい
必要だったら地獄

括りをやっと壊す
だけど手遅れ
会ってもない言葉呆れるよ 軽薄、誠意、醜悪

high light, walk it.
繰り返す雨
相性は代わりで奪えるリスト
I see the answer.
呼び返す翳り
透けた肌、優しい凌辱とキスと

汚れを愛せたら溺れたよ 秀逸、愛と淫ら

low light, walk it.
疑がって終われ
さよならは儚い歌えるリスト
I see the answer.
振り戻る日々
明日はある、僅かで輝く
きっと戸惑うthirsty


アルバム「JAPANESE MENU/DISTORTION 10」収録曲


清春の歌詞ランキング

清春の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.