清春「嘘と愚か」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 清春 > 嘘と愚か

嘘と愚か / 清春

「嘘と愚か」歌詞

歌手:清春
作詞:清春
作曲:清春


喘ぎ歌う、次は囁き
回す舌、されて悦楽

奪えたよ
幸せだったね
凍る心は月より遠くて、ただ僕は気が知れた

帰ること、新しい知性
記憶へ送る、嘘と愚かで

思い出すいくつかを笑って消えてく日常は知るより
尊く浅く君を傷付けた

陽が溶ける
sly 解り合えたソファ
捨て去れていた未来
会話消して笑う
lies 隠されたら選ぶ
どうあれ真実はやがて愛される

さあ哀れ、跡形ひとつを
探す言葉は月より高くて
また独り、たかが知れた

日が暮れる
sly 晒し合えたソファ
捨て切れたら今、来たる祝福を
lies 覆っていて your eyes
安らぎ揺るき、いずれ満たしてよ


アルバム「JAPANESE MENU/DISTORTION 10」収録曲


清春の歌詞ランキング

清春の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.