上野優華「おぼろ月の夜に」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 上野優華 > おぼろ月の夜に

上野優華「おぼろ月の夜に」のジャケット画像

おぼろ月の夜に

歌手:上野優華
作詞:古内東子
作曲:松本俊明

帰りの道あくびをしたら
ふと目に入ったおぼろ月
どうしてこんな夜に
消えるような寂しい月

あなたの声聞きたくなって
いつもみたいに笑いたくって
電話をしていいかな
でもダメかなもう遅いね

好きな人がいることなら
ずっと知ってたのに
おかしいでしょ彼女よりも
ホントはそばにいたい

苦しくなるのはあなたのせいなの
ひとりで歩く道は寂し過ぎて凍えそうになる
雲に隠されたあの月のように
私のこの気持ちはあなたからは
ずっと見えないの

二人で最終を逃して
途方に暮れた駅のベンチ
あなたと話すほどに
好きになったあの日の夜

お似合いだとからかわれて
ふざけて見せたけど
大事なのはたったひとり
痛いほどわかってる

心の隙間に風が吹いた時
私を思い出してくれたならば
飛んでゆくから
今は消えそうなあの月のように
私のこの気持ちはその場所から
見えないとしても

ポケットの中でふと震えて止まった電話
オヤスミの文字 涙あふれた Ah...

苦しくなるのはあなたのせいなの
ひとりで歩く道は寂し過ぎて凍えそうになる
雲に隠されたあの月のように
私のこの気持ちはあなたからは
ずっと見えないの

アルバム「今夜あたしが泣いても」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

上野優華の人気歌詞

上野優華の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.