上野優華「冬色シルエット」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 上野優華 > 冬色シルエット

上野優華「冬色シルエット」のジャケット画像

冬色シルエット

歌手:上野優華
作詞:岩里祐穂
作曲:aokado

それは唐突な始まり方で
私の胸を揺さぶり 恋は
ためらいながら 戸惑いながら
季節に終わりを告げた

あてもなく繰り返す毎日のなかで
ひとりきり自分だけが取り残されてるの
戻ることさえできないままで

だって君が大好きだったから
だって君だけが好きだったから
淋しがりやの似た者どうし
分かりあえていたのに

どうしても伝えたかったことが
どうしても叶えたかった夢が
消えることなく続いてくと
朝陽が微笑むように教えてくれる

遠回りしたあの坂道や
下りホームの古いベンチにも
コンビニの前 教会の屋根
景色が雪を纏った

あなたとのカレンダー 目を閉じてめくり
出来事の何もかもが 泣きたくなるくらい
美しいものだったと気づく

真っ白な世界へと塗り替える
透明な輝きが降り積もる
街は静かに 冬色シルエット
一夜で生まれ変わる

この空から舞い降りる粉雪
清らかな姿を結ぶように
君と過ごした思い出がいま 心で
溶けることない結晶になるよ

だって君が大好きだったから
だって君だけが好きだったから
淋しがりやの似た者どうし
分かりあえていたのに

どうしても伝えたかったことが
どうしても叶えたかった夢が
消えることなく続いてくと
朝陽が微笑むように教えてくれる

きらり光るこの想い 雪と空へ飛んでゆけ
きらり光るこの想い 雪と空へ飛んでゆけ

富士見パノラマリゾート2019-2020イメージソング
アルバム「今夜あたしが泣いても」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

上野優華の人気歌詞

上野優華の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.