関取花「逃避行」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 関取花 > 逃避行

関取花「逃避行」のジャケット画像

逃避行

歌手:関取花
作詞:関取花
作曲:関取花

雨が包み込んだ この静かな夜に
そっと手を繋いで 僕らは舞い上がる

少しずつ遠くなる 街を見下ろしながら

ふたりだけの未来 幻だって構わない
果てしない暗闇忘れられるのなら
いつも世界の隅で ただ震えていた日々から
抜け出してひとつになれるなら

息を潜めたまま 小さく頷いて
ぎゅっと手を握って 僕らは星になる

少しだけ残ってる 不安分け合いながら
この空の彼方

ふたりだけの未来 たとえ間違いでもいい
終わりのない痛み溶かしてくれるなら
消えない傷跡を かばい合うだけの日々から
抜け出してひとつになれるなら

ふたりだけの未来 幻だって構わない
果てしない暗闇忘れられるのなら
いつも世界の隅で ただ震えていた日々から
抜け出してひとつになれるなら

「ビーバップ!ハイヒール」3月度エンディングテーマ
アルバム「きっと私を待っている」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

関取花の人気歌詞

関取花の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.