関取花「家路」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 関取花 > 家路

関取花「家路」のジャケット画像

家路

歌手:関取花
作詞:関取花
作曲:関取花

窓の外からビルが消えて 少しずつ空が広くなってく
久しぶりに今日は実家に帰る 土産になるような話はないけど

母は今ごろ台所
どうせ食べきれないほどの ご飯作って待っているんだ

慌ただしい日々で忘れたものが何かを考えながら
風の中揺れる緑を 僕はただただ眺めている

窓の外では赤い夕日が すべてを懐かしい色にぼんやり染めてる

父は今ごろテレビの前
どうせいつものあの姿勢で ソファの上で待っているんだ

慌ただしい日々で忘れたものが何かを考えながら
ひとつだけはぐれた雲を 僕はただただ眺めている

慌ただしい日々で忘れたものが何かもわからないまま
音もなく滲む景色を 僕はただただ眺めている

アルバム「きっと私を待っている」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

関取花の人気歌詞

関取花の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.