22/7「僕らの環境」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 22/7 > 僕らの環境

22/7「僕らの環境」のジャケット画像

僕らの環境

歌手:22/7
作詞:秋元康
作曲:長沢知亜紀・永野小織


緑色した何でもないビー玉を
教室の床にそっと置いて
君は世界が傾いているってことを
証明しようと言った

何かに引かれるようにゆっくりと
転がり始めて壁まで 止まらない
気づかなかったくらい
この校舎が傾いてるだけのことだろう
驚くのは その後だ
今度は逆に転がった

水平なものはどこにもないんだ
バランスなんか悪くたっていいんじゃない?
どちらかに傾けば傾くほど正直だ
「すべては不公平だってことさ」
まっすぐなものがどこにあると言うのか?
アンバランスな真実 受け止めてよ
転がってく
転がってく
転がってく
転がってく
どうでもいいさ

僕らの環境

窓の光に透かしてみたビー玉は
視界を遮る汚(よご)れはない
君はどんなにイノセントでいたところで
なんかおかしいと嘆く

平等に見えていたってこっちと
あっちじゃ高低差があるんだよ
しかも その高低差は
その時々 マジョリティーで変わって行く
さっきまでと 逆の方へ
正義は転がり続ける

水平なものはどこにもないけど
僕らがここに水平に立ってりゃいい
世の中がどちらかに傾いても関係ない
「目を閉じてごらん」
正しい角度なんかないんだ
自分たちでルールを作ればいい
転がらない
転がらない
転がらない
転がらない
それが意志だ

ブレない環境

ホントは気づいてたよ
この世界がフェアでないってことくらい
大事なのは この場所で
踏ん張って立つことだろう

水平なものはどこにもないんだ
バランスなんか悪くたっていいんじゃない?
どちらかに傾けば傾くほど正直だ
「妥協することを覚えた」
まっすぐなものがどこにあると言うのか?
アンバランスな真実受け止めてよ
転がってく
転がってく
転がってく
転がってく
どうでもいいさ

僕らの環境

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

22/7の人気歌詞

22/7の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.