22/7「願いの眼差し」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 22/7 > 願いの眼差し

22/7「願いの眼差し」のジャケット画像

願いの眼差し

歌手:22/7
作詞:秋元康
作曲:浅原康浩

なかなか開(あ)かない 踏切りみたいに待たされ続けて
僕のこの胸は もう死んだように諦めかけてた

(眩(まぶ)しい)夕陽の中
(ベンチを)立ち上がる
(その時)通りを駆けて来る君が見えたんだ

願いはいつも手に届かない遠くにあるものだけど
その眼差しはこっちを見ている
だから勝手に背中を向けちゃチャンスを逃すよ
どれだけ本気で思っているか
試してるのさ
(チュチュルチュ チュチュルチュ)

瞼(まぶた)を開ければ 夢がそこで終わってしまうようで
僕はいつまでも 今の現実見たくなかった

(突然)雨が降って
(心が)濡れたって
(どんなに)悲しい噂さえ耳を塞いでいた

願いは時に雲に隠れて見えなくなるものだけど
その眼差しはそれでも見ている
きっと叶わない 俯いちゃったら視線は合わない
希望とは一人で待ち続けること
いつかはきっと…
(チュチュルチュ チュチュルチュ)
叶う日が来る
(チュチュルチュ チュチュルチュ)

(どこかで)そんな想い
(誰かが)遠くから
(やさしく)日差しのように見守っているよ

願いはいつも手に届かない遠くにあるものだけど
その眼差しはこっちを見ている
だから勝手に背中を向けちゃチャンスを逃すよ
どれだけ本気で思っているか
試してるのさ
(チュチュルチュ チュチュルチュ)
(チュチュルチュ チュチュルチュ)

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

22/7の人気歌詞

22/7の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.