女王蜂「黒幕」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 女王蜂 > 黒幕

女王蜂「黒幕」のジャケット画像

黒幕

歌手:女王蜂
作詞:薔薇園アヴ
作曲:薔薇園アヴ

夕立に立ち尽くす
傘はあるけどさせず
横殴る雨たちがこの街を流してく

たのしげな声と列
ハーメルンは笛を吹く
かかしは行き止まりにドアノブさえ撚れずに

戻りたい?戻れないくらい判ってるくせに
誰も知らないわたしになれば

幕が上がるから、なにもかも忘れたふりが出来るの
光よこの正体を誰よりも美しく間違えてよ さぁ!

さあやるか やれよ やられるまえに
どこの誰に 誰かにされるまえに
ここはファイトクラブ最後まで逃げ出せない奴だけのステージ
身を寄せ合えば消えるそんな孤独の類
それでも胸に降りる この黒い帳と、おり

戻りたい 戻れない
悲しくなるまえに
たのしくしてくわたしになれば

幕が上がるから、なにもかも忘れたふりが出来るの
名前も知らないであなたのことさえ歌えるくらいに

もしも黒い鳥になってこの広い孤独を駆けられたなら、どう生きたでしょう

なにもかも忘れたふりが出来るの
「誰かの為」なんて 言いたくないもの聞きたくないでしょう?

幕が上がるから、なにもかも忘れたふりが出来るの
光よこの正体を誰よりも美しく間違えてよ さぁ!

アルバム「BL」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

女王蜂の人気歌詞

女王蜂の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.