halca「あの頃の僕たちを」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > halca > あの頃の僕たちを

halca「あの頃の僕たちを」のジャケット画像

あの頃の僕たちを

歌手:halca
作詞:宮嶋淳子
作曲:aokado

ポケットで指先が
痛いほど冷えきるまで
高速道路の灯りを
キミと眺めていた

10年後どんな風になってるかなと笑って
春がくるその意味をまだ知らずにいた

さよならもありがとうも言えないまま
僕らの時間は立ち止まったよ
いつしか思い出になったキミへ
届くはずのない言葉贈るよ
誰よりもキミのことだけ好きだったよ

あれから何回も
記憶をたどったけど
キミだけいないこの場所に
ひとり来れなかった

いつでも会えるよってやりすごした寂しさ
置いてきたはずなのに忘れられなくて

こんなに遠くなると気付いてたら
素直になれたのかもしれない
つなぎたくてつなげなかった手は
行き場もなくてポケットの中
同じようにひんやりとして痛むけど

振り返れば分かるんだ
それとも都合よく
全部塗り替えてるだけかな
見え隠れしていた二つの恋心
あの頃の僕たちをいま迎えに来たよ

ひらり今年も花びら舞い
一年過ぎたことを教える
軋むくらいの後悔がまた
キミの声運んでくるから

さよならもありがとうも言えないまま
僕らの時間は立ち止まったよ
いつしか思い出になったキミへ
届くはずのない言葉贈るよ
誰よりもキミのことだけ好きだったよ

アルバム「Assortrip」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

halcaの人気歌詞

halcaの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.