北川大介「東京三日月倶楽部」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 北川大介 > 東京三日月倶楽部

北川大介「東京三日月倶楽部」のジャケット画像

東京三日月倶楽部

歌手:北川大介
作詞:田久保真見
作曲:五木ひろし

夜空をひとり 見るたびに
満月のよに まるかった
心もいつか 削られてゆき
哀しくとがった 三日月に
忘れたふりして 生きるクセ
愛した分だけ 深い傷
あなたは優しい 人でした
優しい人ほど 残酷で
東京三日月倶楽部
心の痛み 酔わせるように
お酒という名の 夢を飲む

男が純な 少年で
女が強い マリアなら
最後はいつも 許すしかない
お決まり通りの 裏切りを
泣いてもどうにも ならないと
いつから涙を 忘れたの
強がり続ける 嘘つきは
ほんとは泣くのが こわいだけ
東京三日月倶楽部
心をそっと 洗ってくれる
琥珀(こはく)の涙を 酒と呼ぶ

東京三日月倶楽部
あやまちさえも 許してくれる
大人の時間を 夜という

「東京三日月倶楽部」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

北川大介の人気歌詞

北川大介の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.