中西りえ「ひとり珠洲岬」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 中西りえ > ひとり珠洲岬

中西りえ「ひとり珠洲岬」のジャケット画像

ひとり珠洲岬

歌手:中西りえ
作詞:かず翼
作曲:岡千秋


北へ北へと 旅する理由(わけ)を
聞かれて思わず 涙ぐむ
見知らぬ人の 何気ない
言葉に心が またきしむ
駄目ね 駄目ですね
どんなにどんなに 離れても
忘れられない 恋なのに…
たどり着いたら ひとり奥能登 珠洲岬

わざと自分を いじめるように
寒さに凍えて たたずめば
夕日が沈む 日本海
面影一緒に 連れてって
何が いけないの
どんなにどんなに 尽くしても
愛は私に 返らない…
夢もちぎれる ひとり奥能登 珠洲岬

一夜(いちや)泊りの 小さな宿の
窓辺で漁り火 数えます
カモメが一羽 飛べもせず
明日(あした)を探して うずくまる
いいの もういいの
どんなにどんなに つらくても
きっと出直す 道がある…
旅はここまで ひとり奥能登 珠洲岬

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中西りえの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.