dps「7月の雨」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > dps > 7月の雨

7月の雨

歌手:dps
作詞:安井剛志
作曲:川村篤史

ふと外を見ると街灯に雨が
遠くで車が走った

点けっぱなしのテレビだけが今
僕を照らし続けてる

いつものように
この時間 君の声を
聴きながら眠る
はずだった

7月の雨がうるさく響いた
僕の声をかき消してしまうように それはまるで
奏でのように美しくこの身包んで
胸の中の寂しさを洗い流してくれるみたいで

携帯の画面を何度見ても
ただ真っ黒を表してる

毎晩見てる天井を眺めて
明日の太陽を待つだけ

いつものように
この時間 君の顔を
頭に描いて眠る
はずだった

時の流れが止まってしまってて
毎日の夜が繋がっているようで それはまるで
壊れた時計を何度も見てるみたいな
晴れることない僕の心がびしょびしょに雨に濡れて

月明かり
7月の雨よどうか止まないで
このまま晴れてしまったら君のことを忘れてしまいそうで

7月の雨がうるさく響いた
僕の声をかき消してしまうように それはまるで
奏でのように美しくこの身包んで
胸の中の寂しさを洗い流してくれるみたいで

アルバム「ごめんなんて言葉」収録曲


「7月の雨」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

dpsの人気歌詞

dpsの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.