HOUND DOG「アカペラ」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > HOUND DOG > アカペラ 歌詞

「アカペラ」歌詞

歌手:HOUND DOG
作詞:K.OTOMO
作曲:蓑輪単志

影が長くなったら
行きつけの公園の丘に立って
「今日もまた何もなかった」と
心の中だけでそっと呟こう

しあわせはいつも 僕にやって来ない
小さく泣いとこう そしてゆっくり
夕陽の中を帰ろう

眠れない夜があったら
心の向くままに 唄を歌おう
絶対誰かを起こさないように
けれど心の中まで忘れないように

「しあわせの風が 僕の髪をゆらす」
唄の終わりには「きっと」をつけて
にやけて少しは寝よう

突然の愛情に出会ったら
大きな声で笑うんだ
悲しみに沈んだときは
大雨が降るように 泣いてやる

でも
しあわせは多分 明日やって来ない
それでも僕は いつものように
夕陽の中を帰るよ

長い影のために 眠れぬ日のために
僕はこの歌を祈るように
心の中のアカペラ


ドラマ「曲がり角の彼女」主題歌


HOUND DOGの歌詞ランキング

HOUND DOGの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

「曲がり角の彼女」関連歌詞

リアルタイムランキング(4:11更新)

1 夕焼けの歌近藤真彦
2 初恋の詩集三代沙也可
3 通学ベクトル℃-ute (鈴木愛理)
4 愛燦燦美空ひばり
5 タチアガールスマイレージ
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.