坂本真綾「序曲」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 坂本真綾 > 序曲

序曲 / 坂本真綾

「序曲」歌詞

歌手:坂本真綾
作詞:坂本真綾
作曲:坂本真綾


雫 ひとつ ひとつ ひとつ 滴るように
知らず知らず 募り 募っていく
私の奥の奥の奥の 小さな火が灯るのを見ている

色を 重ね 重ね 重ね 塗り足しても
どこか虚像じみて見える自画像
箱を開けて 開けて 開けてもその中に
何もないとしたら

重力に逆らって浮かび上がる鉄の舟はどこへ行くのか

ああ なぜ暗闇もなく光を知り得るだろう
あれは最後の灯火
いいえ ようやく届き始めた来光

人はひとり ひとり ひとり違っていても
最後に行く場所は同じでしょう
何を抱いて 抱いて 抱いて生きても
それは置いていく約束

終着地へ向かって
乗り合わせた人の群れは身を寄せ合うの

ああ なぜ過ちもなく自分を知り得るだろう
これは償いの記録
いいえ、あなたにしたためている手紙

今、今が生まれて
今、今が終わる
今 今 今を積み上げる 今

ああ なぜとりとめもなく涙が落ちるのだろう
これが望んだ結末
いいえ これこそ静かな前ぶれ
私が待ちわびていた 始まり


坂本真綾の歌詞ランキング

坂本真綾の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.