長山洋子「あの夏の蝉しぐれ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 長山洋子 > あの夏の蝉しぐれ

長山洋子「あの夏の蝉しぐれ」のジャケット画像

あの夏の蝉しぐれ

歌手:長山洋子
作詞:友利歩未
作曲:桧原さとし

戦争は終わったけれど
町に灯りは 灯ったけれど
この世に僕は もういない
記憶の中に 生きるだけ
ただいまと 声に出しても
誰も僕には 気づきはしない
風を 風をみつめて 母だけが
おかえりなさいと つぶやいた

大切な着物を売って
わずかばかりの お米に変えて
戦地に向かう この僕に
おむすびこさえ 持たす母
親よりも 先に死ぬなと
腕をつかんで 何度も言った
動き 動き始めた 汽車を追い
手をふる母が 滲んでく

あれから何年 たっただろう
昭和平成 時代は過ぎて
母さんあなたも もういない
あの夏の あの夏の…蝉しぐれ

少年の心の声を
聴いて私は わが子を想う
平和を守り 生きて行く
子供が笑う あしたへと

「あの夏の蝉しぐれ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

長山洋子の人気歌詞

長山洋子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.