長山洋子「雪解け」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 長山洋子 > 雪解け 歌詞

雪解け / 長山洋子
Amazonで見る

「雪解け」歌詞

歌手:長山洋子
作詞:友利歩未
作曲:桧原さとし


あんたは誰に 似たのかね
母に冷たく言われると
幼い胸は 傷ついた
生まれて来なきゃ よかったの
 
十五になって 家を出て
帰るもんかと 叫んでも
都会に雪が 降る夜は
ふるさと津軽 滲(にじ)んでみえる
 
あのね あのね 私はずっと
あなたに あなたに
歌って ほしかった
ほんの ほんの 少しでいいの
みんなが 知ってる 子守歌
 
母さんみたく ならないと
いつも思って きたけれど
鏡を見れば あの頃の
あなたに私 似てきたわ
 
男の運が 悪いのも
きっと母親譲りなの
それでもやっと 人並みに
幸せだけど 満たされてない
 
あのね あのね 私はずっと
あなたに あなたに
甘えて みたかった
そんな そんな ちっちゃな夢は
おとなに なっても 叶わない
 
あのね あのね 私はずっと
あなたに あなたに
微笑(わら)って ほしかった
遠い 遠い 瞳(め)をした母は
今では 私を わからない
母さん…私はあなたの娘だよ

長山洋子の人気ランキング

長山洋子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.