先生 歌詞 / 女王蜂

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 先生 歌詞

先生

 

女王蜂

作詞 : 薔薇園アヴ
作曲 : 薔薇園アヴ

アルバム「十」収録曲

歌詞

眠剤入りのコーヒーを飲んで うつらうつらしてる
ここ旧視聴覚室でわたしたちは 結んで開いて
放課後わたしだけが見れた 伸びた無精髭が好きだったよ
見逃して探り合うことで 手を打ったあの日
 
先生 なんでわたしじゃないの?
先生 なんでわたしじゃないの?
 
禁断の恋愛ごっこにとても背伸びしてる
ここに辿り着くためにぼくたちは 結んで繋いで
「大人になれる方法だった」なんて思わないで欲しかったんだ
溶け残りを飲み干して眠るよ 手は離さないで
 
先生なんて誰でもないよ
先生だったら誰でもいいの?

公開日 : 2019-05-27
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

女王蜂の人気ランキング

女王蜂の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

One Step
かな・せな・みき from AIKATSU☆STARS!


パスピエ

脳内戦争
パスピエ

赤裸々ララ
DIV

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.