永井みゆき「洲崎みれん」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 永井みゆき > 洲崎みれん

永井みゆき「洲崎みれん」のジャケット画像

洲崎みれん

歌手:永井みゆき
作詞:波丘ひろし
作曲:徳久広司

胸の寒さか 恋しさなのか
夜汽車に揺られて 館山駅(たてやま)に
燈台灯かり 靄(もや)のなか
酔えば 酔えば 洲崎みれん
あの日泊まった 舟宿で
ひとり手酌で 呑んでます

惚れているから 諦められず
はまゆう一輪 差して待つ
霧笛の帯が 沁みるよな
追えば 追えば 洲崎みれん
いつか逢える日 祈るよに
風につぶやく おんなです

空は時雨れて 面影濡れて
想い出数えりゃ またなみだ
蛇の目の傘に 身を寄せて
泣けば 泣けば 洲崎みれん
募る想いを 抱きしめて
明日の潮路に 託します

「洲崎みれん」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

永井みゆきの人気歌詞

永井みゆきの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.