橋爪もも「小説家」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 橋爪もも > 小説家

橋爪もも「小説家」のジャケット画像

小説家

歌手:橋爪もも
作詞:橋爪もも
作曲:橋爪もも

聡明なあなたが 透明な水槽で
飼いならした私の背鰭をやさしく撫でる

染み付いた墨の匂い 綿の死んだ座布団に
筆の進まぬ夜 朦朧と瞳は乾く

『どうにも世迷言が過ぎる』『理解はし難く』嘲笑されてゆく
より現実味を帯びるならば あちらとこちらを混ぜ合わせて

躊躇するあなたに そうして頂くことが喜びと説き伏せて
ぷつぷつと浮き上がる血を見て 初めは酷く狼狽していた

白紙の格子に 溢れ出る言葉を
筆も追いつかぬままに びっしり綺麗に並べる

『理解はし難い、されどなれどどうにも目が離せない』
もう戻れないとおっしゃるなら
私の全てを どうぞ使い果たして

躊躇するあなたに そうして頂くことが喜びと説き伏せて
泡を吹き痙攣する目に 感謝と涙で嗚咽していた

ドーパミンの海を泳いで 見せたい世界をしらしめていて
もう夢を見失わぬよう このままどうか側にいさせて

アルバム「夜道」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

橋爪ももの人気歌詞

橋爪ももの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.