原田悠里「氷見の雪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 原田悠里 > 氷見の雪 歌詞

「氷見の雪」歌詞

歌手:原田悠里
作詞:つじ伸一
作曲:岸本健介


能登から涙が 追いかけて
氷見(ひみ)の港で 雪になる

愛の名残りは
この掌(て)の中に
大事に包んで いるけれど

寒すぎますよ おんな独りは
一緒について 行きたかった

今では漁り火 見えなくて
氷見(ひみ)はひっそり 白い色

恋の火をつけ
炎(も)やしておいて
男のひとって 無情(つみ)ですね

死にたいほどの こんな切なさ
あのひと知って いるでしょうか

この海吹雪(ふぶ)けば あのひとは
氷見(ひみ)へ戻って 来るかしら

それが幻想(ゆめ)だと
判っていても
忘れはできない おんなです

一筋眉を 強く引いたら
明日は春が くるでしょうか


原田悠里の人気ランキング

原田悠里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.