原田悠里「天草の女〜天草小唄入り〜」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 原田悠里 > 天草の女〜天草小唄入り〜 歌詞

「天草の女〜天草小唄入り〜」歌詞

歌手:原田悠里
作詞:たきのえいじ・平野正夫
作曲:弦哲也・大村能章


船が出る度 泣きじゃくる
女も昔は いたとか聞いた
不知火(しらぬい)舞台に 漁火が
追って行けよと 云うけれど
天草捨てて 生きれない
あなた急いで ドラが鳴る
 
『あんた 今 どうしとると
忘れたことなんか 一度もなかとよ
海を見てると あんたが好きだった この歌を
いつも 想い出すとよ』
 
波に揺られて 不知火消えりゃ
朝日ほのぼの 有明そめる
 
『逢いたかー』
 
嬉しかったわ この私
誰より優しい あなたに逢えて
半年一年 過ぎたなら
どこか知らない 消し印の
葉書でいいの それだけで
せめて一言 あるだけで

原田悠里の人気ランキング

原田悠里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.