シャンプーの匂いがした 歌詞 / 22/7

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 22/7 > シャンプーの匂いがした

22/7「シャンプーの匂いがした」のジャケット画像

シャンプーの匂いがした

歌手:22/7
作詞:秋元康
作曲:長沢知亜紀(CWF)・永野小織(CWF)

西側の校舎抜け
プレハブの部室まで
スカートをなびかせて
一人 走る

先輩が辞めるって
今さっき聞かされた
突然の出来事に
動揺してる

穏やかに微笑む彼女を
両手を広げ留(と)めてくれたか?
気持ちは変わらなくても
話 聞かせて欲しい

他人(ひと)に言えないくらい好きだった
そばにいるだけでときめいた
想い 気づかれぬように隠して
ずっと 告白できなかった
初めてのこの恋は
シャンプーの匂いがした

憧れの先輩は
窓際で待っていた
まだ胸が苦しくて
肩で息した

真っ白なブラウスが
逆光に透けていた
ハッとしたその理由(わけ)は
私の秘密

ごめんねと 声には出さずに
唇だけがそっと動いた
彼女のその決意に
おでこをつけて泣いた

他人(ひと)に知られたくない恋だった
ずっとさりげなく見つめてた
何か話したら バレちゃうから
一人 心を落ち着かせた
振り向いたその髪は
シャンプーの匂いがした

ぎゅっともう一度抱きしめられて
ずっと気づいてたと言われた

他人(ひと)に言えないくらい好きだった
そばにいるだけでときめいた
想い 気づかれぬように隠して
ずっと 告白できなかった
初めてのこの恋は
シャンプーの匂いがした


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

22/7の人気歌詞

1 僕は存在していなかった僕は自分を信じていない 自分の
2 地下鉄抵抗主義地下鉄への階段 降りる度 始まる
3 11人が集まった理由いつのまに 集まったんだ? 会っ
4 シャンプーの匂いがした西側の校舎抜け プレハブの部室
5 人格崩壊突然の雨だったら 濡れるのもし
6 循環バスいつものバスが角を曲がって 春
7 やさしい記憶狭い校庭のフェンスの脇 咲いて
8 叫ぶしかない青春求めてる何かが見つからない そ
9 理解者誰かが近くにいるだけで なぜか
10 絶望の花WOW WOW WOW WOW... WOW WOW WOW
22/7の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.