KinKi Kids「永遠のBLOODS」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > KinKi Kids > 永遠のBLOODS 歌詞

「永遠のBLOODS」歌詞

歌手:KinKi Kids
作詞:浅田信一
作曲:堂島孝平


ひとり空を見上げた朝は 薄い月寂しく見える
灼けた壁が続く未来が 明日(あした)を追い越そうとしてる
 
もう ゆずれない夢に背を向けずに
抱えて行こうとそう思うんだ
 
追い風にふくらんだシャツのボタンをひとつ外して
地図を破り捨てて 自由を探しに行くよ
 
あの飛行機雲と零(こぼ)れ出した想いが
ガラス色の胸に浮かんでいるよ いざ此処に
 
雨の後の水たまりの上 消えては儚げに映る
君を僕を目に焼き付けた 想いが途切れないように
 
何故 いずれ僕らは無くすのだろう?
夢描く無垢(むく)な心
 
色づく季節の花が 抜ける河原の風が
独りになった僕の心を突いていくよ
 
あの頃の君の頬をつたう涙に
息づいてたものを刻んで行くよ この胸に
 
今 僕らの前に立ちはだかる
孤独さえ吹き飛ばせそうさ
 
追い風にふくらんだシャツのボタンをひとつ外して
地図を破り捨てて 自由を探しに行くよ
 
あの飛行機雲と零(こぼ)れ出した想いが
ガラス色の胸に今でも伝っているよ
 
やがて季節変わって もう一度この場所に立って
懐かしむ時には君に笑っていて欲しい

アルバム「KinKi Single Selection II」収録曲
アルバム「The BEST」収録曲


KinKi Kidsの人気ランキング

KinKi Kidsの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.