上野優華「夢の切れ端」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 上野優華 > 夢の切れ端

上野優華「夢の切れ端」のジャケット画像

夢の切れ端

歌手:上野優華
作詞:上野優華
作曲:SHIKI

誰かが落としていった
小さな夢の切れ端
何も無い私一人
ぼんやり映す影法師

忙しなく進む
東京の街並みに
あの日君がぎゅっと
右手首に固く結んだ

Fly 何度だって 描いては消して
くり返した
歪な未来の地図
いつの日か 糸は解けて
どこか消えても
この胸に誓った約束 守るから

満員の電車はまだ
慣れない息苦しさで
誰もが明日の夢
持ってる訳なんてなくて

終点の駅に冷えた手が赤くなる
結んだままのリング
投げ捨てて今すぐ 帰りたい

Cry どんな夜でも 朝はやってくる
涙拭いて
もう一度結び直すよ
いつの日か 糸は解けて
どこか消えても
この胸に誓った約束 守るから

アルバム「U to You」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

上野優華の人気歌詞

上野優華の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.