願い 歌詞 / 大竹しのぶ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 願い 歌詞
作詞 : 山崎将義
作曲 : 山崎将義

アルバム「ち・ち・ち」収録曲

歌詞
例えば雨が降る寂しい春の日に
悲しみが訪れて
立ち尽くしたとしても
 
例えば照りつける激しい夏の日差しに
心乱されて
大切なものを無くしてしまっても
 
私でいられますよう
あなたから見えるように
どうか私でいられますように
あなたがこの場所を見失わぬよう
 
例えば枯れ葉舞う暮れゆく秋の街で
誰かの涙に
言葉を失っても
 
例えば花を待つ静かな冬の朝に
時の儚さを
見つめることしかできないとしても
 
私であればいい
今までもこの先も
どうか私でいられますように
あなたの声をまだ聞けるように
 
私であればいい
今までもこの先も
どうか私でいられますように
あなたの声をまだ聞けるように

公開日 : 2017-11-23
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

大竹しのぶの人気ランキング

大竹しのぶの人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索 iTunes

関連情報

願い
山崎まさよし

MAJESTIC BABY
COMPLEX

月が満ちる前に
Fuki Commune

NUMBER NINE (Japanese ver.)
T-ARA

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.