群衆 歌詞 / 大竹しのぶ

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 大竹しのぶ > 群衆

大竹しのぶ「群衆」のジャケット画像

群衆

歌手:大竹しのぶ
作詞:Enrique Dizeo・なかにし礼
作曲:Angel Cabral

街は祭りの喜びに
叫びどよめき乱れて
踊り渦巻く人波は いつか私をとりまく
むせる吐息に 気も遠く
めまい起した私を
突然踊る人波は 彼の胸に押しやる

波におされて流され
互いに抱きあい
いつしか二人はひとつ
瞳見かわし 二人は頬笑み
思いがけぬ幸せに 酔いしれる
波にまかれて のまれて
楽しく踊る
ファランドール 手と手をにぎり
笑いながら 二人は舞い上がり
歓びに胸はずませ 舞い下りる

やがて二人は立ちどまり
あついくちづけ交わした
その時踊る人波が あなたを奪い連れ去る

波におされて流され
もがけど さわげど
二人は遠のくばかり
あなたの声も 騒ぎに消されて
私は一人 涙をかみしめる
波にまかれて のまれて
淋しく踊る
ファランドール 私はひとり
名前も知らない あなたを求めて
人波をかきわけ さまよい歩く


アルバム「SHINOBU avec PIAF」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

大竹しのぶの人気ランキング

1 しあわせ語らひ人有り難いなって思ってる こんな
2 愛の讃歌たとえ空が落ちて 大地が崩れて
3 The Roseひとは言う 愛はむなしい 胸こが
4 Miren想い出がちらついて その度落ち
5 キライナヒトノースリーブのドレスが着たくて
6 天使じゃないけれど私 今夜 変わる 街を離れ 旅立つ
7 きもち本当は君に 謝りたいことが たく
8 変な芸術の先生とても哀れな美術教師 いつも汚
9 まばゆい君へごめんね君の事 わかってあげら
10 願い例えば雨が降る寂しい春の日に
大竹しのぶの人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.