THE BACK HORN「キズナソング」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > THE BACK HORN > キズナソング

キズナソング

歌手:THE BACK HORN
作詞:菅波栄純
作曲:菅波栄純


誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ
だから世界よもっと鮮やかな悲しみに染まれ
強い人だと思っていた あなたがこぼした涙
冬の日射しの中で輝いてずっと見惚れていたんだ

傍にいるのは分からないことばかりで
何一つ出来ないけど いつだって傍にいるよ

ありふれた小さなキズナでいい
そっと歩みを合わせてゆく僕ら
街中にあふれるラブソングが
少し愛しく思えたのなら素晴らしい世界

苦しくたってつらくたって誰にも話せないなら
あなたのその心を歌にして僕が歌ってあげるよ

街に座って久しぶりに笑いあって
楽しげに悲しい歌 かき鳴らしてる今夜

今はまだ小さなヒカリでいい
そっと命を重ねてゆく僕ら
見たこともないような顔で笑う
きっと全ては見せられないけど明日へ向かおう

ありふれた小さなキズナでいい
そっと歩みを合わせてゆく僕ら
街中にあふれるラブソングが
少し愛しく思えたのなら素晴らしい世界

だけど時が過ぎて悲しみは巡る
そして歌が生まれ 僕ら綺麗になってゆく

日射しの中で

「キズナソング」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

THE BACK HORNの人気歌詞

THE BACK HORNの楽曲一覧を見る▶

関連動画


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.