恋と病熱 歌詞 / 米津玄師

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 米津玄師 > 恋と病熱

米津玄師「恋と病熱」のジャケット画像

恋と病熱

歌手:米津玄師
作詞:米津玄師
作曲:米津玄師

好きなことが 少なくなり
嫌いなことが 沢山増えた
窓に滲む雲を見ていた
皆の背中を見ていた

言いたいことが だんだん増えて
言えないことが 沢山増えた
空が濁る頃に見ていた
夜になろうとするばかり

「何処にも行けない私をどうする?」

眩暈に溺れて夢を見ていた
白昼夢に全てを押し込んで
愛していたいこと 愛されたいこと
空っぽになるまで 詰め込んで

覚えたことが 沢山増えて
忘れたことも 沢山増えた
バスに揺られながら見ていた
君はカメラで何を撮る

「秘密にしてね、約束しよう」
それすらいつか一人になって
ボタン一つふいに千切れた
夜になろうとするばかり

「似ている二人をあなたはどうする?」

些細な嘘から炎症が起きた
ずっと微熱みたいに纏わりついて
愛していたいこと 愛されたいこと
棄てられないまま 赦しを請う

誰も嫌いたくないから ひたすら嫌いでいただけだ
皆のこと 自分のこと 君のこと 自分のこと

君がいないと 色んなことが
色んな風に嫌いになって

病熱を孕ませ夢を見ていた
盲いた目にみえた落ちていく陽
愛していたいこと 愛されたいこと
望んで生きることを 許してほしい


アルバム「diorama」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

米津玄師の人気歌詞

1 感電NEW逃げ出したい夜の往来 行方は未
2 メトロノーム初めから僕ら出会うと決まってた
3 Nighthawksあの日 眠れずに眺めてた螺旋の
4 ピースサインいつか僕らの上をスレスレに 通
5 乾涸びたバスひとつ小さなバスで暮らしている 少女
6 Moonlightあなたこそが地獄の始まりだと
7 爱丽丝真っ逆さまに落っこちた ふとし
8 Lemon夢ならばどれほどよかったでしょ
9 サンタマリア掌をふたつ 重ねたあいだ 一枚の
10 百鬼夜行ちゃんちゃらおかしな出で立ちで
米津玄師の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.