鬼束ちひろ「火の鳥」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鬼束ちひろ > 火の鳥

火の鳥 / 鬼束ちひろ

「火の鳥」歌詞

歌手:鬼束ちひろ
作詞:鬼束ちひろ
作曲:鬼束ちひろ


儚い夢に埋もれて気づく
終わらない旅をしてるのだと
そして季節は巡る

切ない恋の魔法の中じゃ
今は叶わぬ願いでも振り切ってゆく
そしていつかの温もりに寄り添うのだろう

億千の夜を越えて
貴方の翼(はね)になり その背を押してゆく
生きる意味など他には何も
要らないから
哀しい微熱よ 貴方に届け
素直になれない
涙が溢れる 貴方に届け

壊れたはずの心がうずく
形あるものを探すことじゃ
何も変わりはしない

扉をあけて声を聴かせて
求めて消える願いでも寂しさだけが
積もるほどに鼓動は近づいてゆく

金色の夜を越えて
貴方の瞬間(とき)になり ただ輝いてゆく
こんな想いは他へは何処にも
やれないから
哀しい微熱よ 貴方に届け
素直になれない
涙が溢れる 貴方に響け

誰のようにもなれない不安を覚えて
私のことを信じる私を感じてる

億千の夜を越えて
貴方の翼(はね)になり その背を押してゆく
生きる意味など他には何も
要らないから
哀しい微熱よ 貴方に届け
素直になれない
涙が溢れる 貴方に届け


アルバム「シンドローム」収録曲


鬼束ちひろの歌詞ランキング

鬼束ちひろの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.