米倉利紀「いつか、きっと」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 米倉利紀 > いつか、きっと 歌詞

米倉利紀「いつか、きっと」のCDジャケット
Amazonで見る

いつか、きっと

歌手:

米倉利紀


作詞:toshinori YONEKURA
作曲:toshinori YONEKURA


君に出逢えたこの時代に、生きられていることが嬉しんだ
そんなこと穏やかに見詰めて、僕はいつか言えるのだろうか
 
人を好きになるということ、愛するということ
情熱で突っ走ることも、悪くはないはず
 
七里ヶ浜、濡れないように はしゃぐ姿、眩しい笑み
恋の駆け引きをするように 気付けば引き寄せられ
 
君にめぐり逢えたことだけ、ただそれだけでも嬉しんだ
そんなこと胸に詰め込んで、僕はいつか独り占めるのかな
 
誰に恋をするのかなんて、誰も知らない
何を美しいと呼び、何に惹かれる
 
水飛沫をスローモーションで 弾く姿、眩しい笑み
恋のミスを繰り返しながら 気付けば近付いてた
 
君に出逢えたこの時代に、生きられていることが嬉しんだ
そんなこと穏やかに見詰めて、僕はいつか言えるのだろうか

アルバム「smoky rich」収録曲


米倉利紀の人気ランキング

米倉利紀の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

TOKYO GIRL / Perfume
今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる / Awesome City Club
花火のような恋 / みゆはん
千本桜 / THE HOOPERS
不感症クリニック / 磯貝サイモン
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.