VALSHE「フロムテンペスト」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > VALSHE > フロムテンペスト 歌詞

VALSHE「フロムテンペスト」の歌詞を収録したCDジャケット画像

フロムテンペスト

歌手:VALSHE
作詞:VALSHE
作曲:バルと瞬さん★


鉄の味が消えないで もうどれほど経ったのかと
騙し騙しの中で 調子の良いほうへ流れていく
浮かない他人の表情を見て 善い人のフリをすることで
互いの諸刃を削げるのなら それを悪いと言えるのでしょうか

答えのないものにまで 答えを用意して 示したがるのが悪いクセ
行き過ぎた道理に 胸が焼けるようで ごめん しばらく帰りたくない

嵐が来るから早くして 出て行くならきっと今すぐが良い
「此処に居たいと言うおまえは 誰を気にしながら話しているんだ」
声が鳴り響いて いま 心の中を 覗かれた気がした

そちらの様子はどう? どうでもこうでもいいくせに
突ける核心を避けて 急がば回れに精を出す

はじかれたくはない 何かもわからずに 怯えてしまう弱さのせい
誰が悪いわけじゃない 仕方ないよだけど ごめん 要らないものは要らない

嵐が来るから早くして 出て行くならきっと今すぐが良い
「忘れたくないと言うおまえは どこに向かうために歩いているんだ」
激しく立つ風は いま 心の中を 見透かしていたんだ

嵐が来るから早くして 出で行くならきっと今すぐが良い
「此処に居たくない もう忘れたい」 露のような叫びもすべて飲み込んで
追い風と変わった いま 僕を乗せて 舟が進みだした

「フロムテンペスト」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

VALSHEの人気歌詞

1 紅蓮紅蓮よ誇れ 二度は開かないと知ってなお咲いた 紅蓮よ
2 shout of JOYLet's singing, shout of JOY! 聴こえるまで何度でも
3 TIGHTROPE饒舌に誰かに合わせながら どうでもいい笑顔振りまき
4 jester静寂を纏った舞台 フリギアの中で踊る
5 Collar小さな路地に捨てられていた
6 君がため夜が招く足音に 何時か閉ざした記憶が
7 Vessel君にとってはくだらない「仮説」を語り草臥(くたび)れる影
8 moon-reveal-通り過ぎてく一面の青さを 照らした金色の月
9 REVOLT交錯する足音が 重なれば目線の先を撃て
10 clematisこの腕を紫に染めて 近づいた貴方の中へと
VALSHEの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
NEW野球
くるり

♪ギータ かっ飛ばせよ バース か
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.