Brian the Sun「Impromptu」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Brian the Sun > Impromptu 歌詞

Impromptu / Brian the Sun
Amazonで見る

「Impromptu」歌詞

歌手:Brian the Sun
作詞:Ryota Mori
作曲:Ryota Mori


君が僕を忘れた日に 青い電車は音も立てず
泥のついたカーディガンと 弾む君の呼吸
思い上がりのままに 汚した君の肌
透き通る春の終わりに 言い訳を探して

最たる日々を 混沌に求めて
生きる意味さえも 曖昧なステップの一つ
どうでもいいと平静を装って 君を探してる

赤く熟したリンゴの様に
燃えるパトスが夜を跨いだ

嘘に濡れた唇に 優しく触れる息
鼓膜の奥突き抜けた 君の欠片

来世と今と幻想と現実を満たす
君という形をした海を
こうでもしないと溺れてしまいそうで 首を絞めて
最たる日々を 混沌に求めて
生きる意味さえも 曖昧なステップの一つ
どうでもいいと平静を装って 君に捧げてる

君が僕を忘れた日に 青い電車は音も立てず


アルバム「パトスとエートス」収録曲


Brian the Sunの人気歌詞ランキング

Brian the Sunの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

Brian the Sunの新着歌詞

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.