Brian the Sun「Hi-Lite」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > Brian the Sun > Hi-Lite 歌詞

Hi-Lite / Brian the Sun
amazon検索

「Hi-Lite」歌詞

歌手:Brian the Sun
作詞:Ryota Mori
作曲:Ryota Mori


見えなくて当然さ 自分自身が分からない
どうだっていいことで 笑えるあいつが羨ましい
君を忘れる為に 吸い始めた煙草の灰が
シャツを焦がす匂いを 僕はずっと眺めていた

検討外れの推測で 傷つけた君のこと
もう一度 あの日の声を聞かせろよ

平行線
君は何を見てたんだ
まるで 他人みたいな笑顔で
笑いかけないでくれ
僕を見ないでくれ

知らない方が幸せさ 君が喘ぐ姿まで
客観視できるほど 僕は大人にはなれないんだ
どうだっていいことが こびり付いて離れない
僕が生きる意味を 君に求めたりはしないから

最終電車乗り過ごして 雨が降り出したころ
君は知らない誰かと 夜を泳ぐ

平行線
僕は何がしたいんだ
まるであの世みたいな景色だ
僕は今どこにいる?
君は今どこにいる?

愛してるとか まるで実感の無い話だ
それなりに熱を帯びた執着だ。

当然僕にも明日がきて 知らん顔してやり過ごして
気付いたころには もう忘れてるよ

平行線
それを愛とは思えずに
終わり方も 僕らわからずに
次の朝がくるまで 何も出来ずにいた
思い出さないでくれ
笑いかけないでくれ

知らない方が幸せさ 君が喘ぐ姿まで
客観視できるほど 僕は大人にはなれないんだ
君を忘れる為に 吸い始めた煙草の灰が
シャツを焦がす匂いを 僕はずっと眺めていた


アルバム「パトスとエートス」収録曲


Brian the Sunの歌詞ランキング

Brian the Sunの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(1:26更新)

1 SeaYUI
2 SUMMER SONGYUI
3 秘密(ピミル)Ryu
4 平行線の美学コメティック
5 DIVE!三浦大知
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.