早見沙織「雨の水平線」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 早見沙織 > 雨の水平線 歌詞

早見沙織「雨の水平線」のCDジャケット
Amazonで見る

雨の水平線

歌手:

早見沙織


作詞:早見沙織
作曲:早見沙織・矢吹香那


例えばあなたは
落ちかけの流星 群れない渡り鳥
 
息が止まりかけたら 抜け出してここへ
 
吹きすさんで 飲み込まれた感情
見ないふりして 消えてなくなる前に
 
すべてさらけ出してよ ねえ
 
雨音に溶け出した 悲しみのその温度
冷たい、冷たい、温かい
そっと染み込んだのは こころを解くためよ
 
たたずむ姿は
張りつめた硝子 日陰の冬知らず
 
水面照らす一筋 まだ気づかぬまま
 
置いていかれる しがみついた喧騒
何を守るの? わからなくなる前に
 
すべて手を放してよ ねえ
 
波音に溶け出した 悲しみのその温度
冷たい、冷たい、温かい
ずっと強がったのは ひとりを恐れたから
 
雨音に溶け出した 傷跡も癒すように
やわく包む 陽の光
そっと立ち上がったら いつもの日々へ帰る

アルバム「live for LIVE」収録曲


早見沙織の人気ランキング

早見沙織の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

No way!! / Uru
女神 / 井上陽水
フェアリーテイル / 三月のパンタシア
liar / ぼくのりりっくのぼうよみ
Honey Moon Song / a flood of circle
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.