ぼくのりりっくのぼうよみ「A prisoner in the glasses」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ぼくのりりっくのぼうよみ > A prisoner in the glasses 歌詞

ぼくのりりっくのぼうよみ「A prisoner in the glasses」のCDジャケット
Amazonで見る

A prisoner in the glasses

歌手:

ぼくのりりっくのぼうよみ


作詞:ぼくのりりっくのぼうよみ
作曲:PATIRCHEV・ぼくのりりっくのぼうよみ


コンクリートの海で目が覚める
奥の奥にそっと潜り込む
take action... 身にまとうfake furの
キラキラと光るガラスに写る像
偽物の街にてモノの価値は失われ
空っぽの内面は誰の目にも映らない
ただ一人きりの積み木崩し
まだ加速する鼓動 鳴り続く音
襲われる孤独 あれから何度吐き戻した
終わりは明日って言い聞かした
 
照らされるglass art
ここから翳り出した太陽
見る者全てを魅了する
それはまるで一匹のbutterfly
 
ぐるぐる回ってる意識の中
ぼんやりと欠片
残るmemory
音の中でただ踊るだけ
ここはまるで捨てられたbottleship
 
照らされるglass art
ここから翳り出した太陽
見る者全てを魅了する
それはまるで一匹のbutterfly
 
内面わからないように隠す仮面
を打つ雨に残る影にひとつだけ
くすんだグレーの人の群れに輝く青
乾いたまま滲んでく心ごと
誰のせいだ?問いかけても無意味なanswer
だったらもう終わらそう、脱出 覆うparasol
壮大なプロパガンダ 停滞して黒く染まった
殻だけの都市に落ちた僕は誰のために歌うの?
 
エニグマに囲まれて手を伸ばすことすら叶わない
目にした全てが濁った
ごった返す街で交差したローカライズ
流れだした感情だけが安堵させる本物
コントロール出来ないところまで淘汰 そっと問うたanswer
幸か不幸か抜け出せないglassart.
 
照らされるglass art
ここから翳り出した太陽
見る者全てを魅了する
それはまるで一匹のbutterfly
 
ぐるぐる回ってる意識の中
ぼんやりと欠片
残るmemory
音の中でただ踊るだけ
ここはまるで捨てられたbottleship
 
照らされるglass art
ここから翳り出した太陽
見る者全てを魅了する
それはまるで一匹のbutterfly
 
ぐるぐる回ってる意識の中
ぼんやりと欠片
残るmemory
音の中でただ踊るだけ
ここはまるで捨てられたbottleship
 
照らされるglass art
ここから翳り出した太陽
見る者全てを魅了する
それはまるで一匹のbutterfly
 
照らされるglass art
隠れて今 消える太陽
見る者全てを魅了する
 
闇に溶けて羽ばたいたbutterfly

アルバム「hollow world」収録曲


ぼくのりりっくのぼうよみの人気ランキング

ぼくのりりっくのぼうよみの歌詞一覧を見る▶
この歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

関連人気歌詞

I was King / ONE OK ROCK
女神 / 井上陽水
カラノココロ / Anly
FLY / Pile
No way!! / Uru
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.