Sugar 瀧川ありさ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

瀧川ありさ
公式サイト
Sugar  ♪  瀧川ありさ
作詞 : 瀧川ありさ
作曲 : 瀧川ありさ

グラスに沈むガムシロップを
くるくるとかき混ぜてる
窓辺からみる海はなぜだか
少しだけ寂しそうで

初めてここに来たときからは
まるで違うように見えた
きらきら光る水面は今日も
同じなのにね

そうやって風景は心と重なるの

燦々降り注いでる
太陽に手を伸ばし
わくわくするこの気持ちを
抱きしめたい

だんだん過ぎる月日は
まるでSugarみたいになって
甘い甘い思い出作って
涙を誘うけど

はしゃぐ子供の弾む足元
ふと何かに躓いたら
目を潤ませてそれでも泣かず
立ち上がり膝を払う

手に持っていた小説よりも
大きく外れた予想
汗ばんだグラス
氷もすでに溶けてしまった

そうやって運命は自分でめくるもの

燦々降り注いでる
太陽に手を伸ばし
どきどきするこの気持ちを
抱きしめたい

だんだん過ぎる月日は
まるでSugarみたいになって
甘い甘い思い出作って
底に沈んでいく

sunset沈む夕陽が
水平線重なってく
そろそろ家に帰ろうか
海風吸って

燦々降り注いでる
太陽に手を伸ばし
あの頃と変わらない気持ちを
抱きしめたい

だんだん過ぎる月日は
まるでSugarみたいになって
甘い甘い蜜になって
わたしを誘うけど


ミニ情報
アルバム「at film.」収録曲
瀧川ありさの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
瀧川ありさ「Sugar」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ