氷の大地 手嶌葵 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

手嶌葵
公式サイト
氷の大地  ♪  手嶌葵
作詞 : 吉田ゐさお
作曲 : 吉田ゐさお

雲は流れて 海にかえる
少し遅れて 僕は唄う
空を自由に 泳ぎまわる
迷うことなく つぎの場所へ

旅立ちは いつも通り
少しずつ歩き出した 小さなこの命

青い天空(そら)が高くて この地球(ほし)に生きるもの
まだ太陽が遠過ぎて 冷たく輝く

はてしなく続いた 白と白の結び目は
この小さな歩みさえも 希望へつながる

優しい風が呼ぶ あの先には
生きる理由があるのだろう

うれしいことや 悲しいこと
寄り添いながら 季節は過ぎ
いつしか君は この大地で
ひとりで生きる道を選ぶ

まなざしは 遥か遠く
幾月も思いを馳せた 明日を見つめてる

青い天空(そら)が高くて この地球(ほし)の最果ては
まだ太陽が遠過ぎて 冷たく輝く
地平線の彼方に 短い春が訪れ
ほら新しい呼吸が今 ここから始まる

続いてゆく命の尊さが
生きる強さを授けている

僕は小さくうなずいて
君をまぶたに焼きつけたよ


ミニ情報
NHK BSプレミアム「フローズンプラネット 最後の未踏の大自然」イメージソング
アルバム「Aoi Works〜best collection 2011-2016〜」収録曲
手嶌葵「氷の大地」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
手嶌葵の人気曲 この歌手の人気曲一覧

明日への手紙♪元気でいますか 大事な人はできましたか
テルーの唄♪夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる
♪丘に咲く 野の花 足もとで揺れた
願いごと♪やわらかい風に吹かれて
エレファン♪僕の名はエレファン ちいさな象の子
輝きの庭 〜I'm not alone〜♪耳を澄ませてごらん 楽しげな声がする
心のままに♪名もない花に耳を澄ませて
ナルキスと人魚♪夕暮れの海からまた 聴こえる歌
時の歌♪空の 孤独な鷹よ 風に
徒然曜日♪寄せては返す 淡い記憶に

手嶌葵の新曲 この歌手の新曲一覧

東京♪東京 ビルの灯り 無数の
赤い糸♪もしもわたしが違う顔をした人でも
オンブラ・マイ・フ 〜Ombra mai fu♪Ombra mai fu di vegetabile,
想秋ノート♪あれは19 夏の終わり 初めての恋
白薔薇のララバイ♪深い霧の奥 笑う声がして
ナルキスと人魚♪夕暮れの海からまた 聴こえる歌
海を見つめる日♪悲しい顔をしないで 青い海を見ているだけ
蒼と白〜水辺、君への愛の詩〜♪物語とこの唄と君と僕
ワインとアンティパスト♪自慢のワインを開ける日は
ミス・ライムの推理♪午後のティータイム 足組み腕を組んで

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ