咆哮の詩 tacica 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
咆哮の詩  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

呆れる程 命の理由に見合わない心の枚数
宛てもない 溢れ返る脳に忘れたい事の方が多い

彩られて
益々 増します

今更 嫌いでも好きでもない顔で
泣いたり 笑ったりをするしかない
一人に一つの蝋の火を
自ら消すのも面倒なの
心の在り処は忘れて 尚 笑う

悩める者 心の自由に似合わない無我夢中の先に
宛てはない 孰れ還る脳に忘れたい事の方が多いなんて

どれが偽物でしょう?
どっちだって きっと 一緒
一人分の大地に

どれが偽物でしょう?
どっちだって きっと 一緒
一息分の大地に

彩られて
益々 増します
鳴き疲れて
益々 増します

今更 嫌いでも好きでもない顔で
泣いたり 笑ったりはするしかない
一人に一つの蝋の火を
自ら消すのも面倒だろう?

一生 夢物語そのままで
解れた糸なら隠すしかない
一人に一つの蝋の火を
自ら消すのも面倒だよ
心の在り処 見付けて 又 笑う


ミニ情報
アルバム「HEAD ROOMS」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
tacica「咆哮の詩」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ