サイロ - tacicaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

サイロ-tacica
Jword tacica
公式サイト
サイロ  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

ここは最初の荒野
時々 愛が歩いて
疾しい所は全部
透き通って見えるでしょう

悲しい事の方が
僕には多い気がして
飛び越えた筈が今日も
振り出しに戻るでしょう

忘れ難い
忘れなさい
ところが同じ途を辿って
どこにもない事にしたい
いつもと違う途も同じ顔です

太陽が少し足りない場所も
翳る迄 走る列車
飲み込んだ者を
一人残さず灰にして
永遠に生きる人間の群れを縫って
どこへ 向かうのか
僕は混沌の上を
汽笛を鳴らし
赤道へ

あの不可思議なサイロ
時々 愛を失くして
正しい事など全部
間違えて仕舞うがいい

人間の形だ
僕は次第に声を枯らした
その方がキミに近い

忘れなさい
嫌 忘れ難い
来る日も違う途を目指して
どこにもない事にならない
いつもと同じ途の向こう側へ

太陽と月の行き交う場所を
飽く迄も走る列車
乗り込んだ者は
一人残らず歓喜した
永遠に生きる人間の群れを縫って
どこへ 向かうのさ
僕等 混沌の上を
汽笛を鳴らし
赤道へ

痛みは土に埋め
旅は続くのでしょう
光を奪い合う程
覚悟など要らない

痛みは土に埋め
涙を流すでしょう
奇跡を奪い合う程
覚悟など要らない


ミニ情報
アルバム「HEAD ROOMS」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夜明け前
Butterfly Lock
咆哮の詩
ヒカリトカゲ
フラクタル
acaci-a
ONE
NWM
510
発熱
サイロ/tacicaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ